家具を探す中でテーブルの素材として、欅を素材とした一枚板のテーブルはとても有名です。欅は、日本を代表する広葉樹でその固さは、テーブルにとても適しています。欅の一枚板を購入する人にぴったりの特徴は、高級感のある家具が欲しい人や、独特の味のある個性的な家具が欲しい人、傷つきにくい家具を手に入れたい人などにとてもおすすめの素材なのです。欅の一枚板の特徴として、欅には、玉木という珍しい木目があって、その木目が出たらとても高額な価格で取引されているのです。欅での一枚板は、形もさまざまなものがあって個性的な家具が欲しい人やテーブルはお洒落に演出したいと思っている人には、とてもぴったりな素材になっています。そして、このさまざまな形は、欅ならではの面白さとも言われています。

欅の一枚板でできた家具の魅力とは

欅でできた一枚板の魅力とは、湿気によくたえてくれる点があります。一枚板だと湿気に弱いこともあるのですが、湿気に耐えてくれることで小さな子供がいる家庭でも子供の食べかすなどで汚れても神経質になることなく過ごすことができるので子育て世代でも欅の一枚板を持つことができます。他にも、濡れ色がとても綺麗でウレタンで仕上げると最高の仕上がりになります。この濡れ色がとても高級感を感じることができるため、ひとつでも家具はよいものを持ちたいと思っている人には、とてもぴったりな素材になります。このような美しい木目を見ることができる点が欅の一枚板のテーブルを持つ魅力になっています。さまざまな形の欅の一枚板があるため、個性的に見せたい場所があるときには、とてもぴったりの一枚板になっているのです。

欅の一枚板を購入するときのポイント

欅などの木でできた一枚板の家具を購入するときには、店頭以外にもインターネットでも購入することができます。購入をするときに抑えておくべきポイントがあります。一枚板でできたテーブルを購入するときには、人数に合わせてテーブルを購入するのですが、できれば大きめで購入することで満足のいくテーブルになります。奥行きとしては、80センチからが標準となっていて奥行きが90センチくらいのものを手に入れたいと思っていても90センチくらいの木は希少で高額なため80センチくらいで考えておくことがよいです。一枚板を購入するときに考えるのがどの木にするかです。欅などの広葉樹は堅く、針葉樹は柔らかな性質があるのですが、どの木にしても傷が全く付かないということはないため、傷ついてしまうということは必ず念頭に入れて購入をすることが大切です。