よく、家具や住宅で耳にする木材の中に欅があります。今回は欅についてご紹介します。欅とは、日本の北海道以外に分布している木であり、見かけたことがあるといった方も多くいるような身近な木です。欅は非常に硬く、高い耐久性を持ち、耐湿性もいいので、一枚板として家具や、建材として住宅によく使われます。木目は粗いですが、研磨などで磨くととても綺麗な木目で光沢もでてきます。色は、心材が黄褐色からやや赤みのかかった黄褐色、辺材が淡い黄褐色をしています。欅は保存性が高いため、昔から建造物に使われてきました。含水率が高く、保存性がとてもいいのです。このように、欅は硬さ、耐久性、美しさのすべてを兼ねそろえているので、日本を代表する広葉樹でもあります。ただ、含水量が多いため、伐採してから使用できるようになるまでにはかなりの期間がかかります。

欅の一枚板の家具にある色々な魅力

欅の一枚板の家具には、色々な魅力があります。その魅力をいくつかご紹介します。欅の一枚板の家具は、とても木目がきれいです。欅の木目には、杢(もく)という独特の模様があります。杢が積み重なって独特の模様ができており、綺麗な木目のうえ、自分好みの木目を選ぶとまたこだわりのお部屋になり、楽しむことができます。触り心地もとても気持ちがいいです。よく手の触れる家具には是非使いたい木材です。とても頑丈な硬い木材なので壊れにくく、重い物を置く家具でも安心です。保存性も高いので、ずっと使えます。家具はすぐに買い替えるものではなく、自分の気に入ったお気に入りの一つを買うこともあります。そんな家具は壊れにくく、長持ちのする欅の一枚板の家具が最適です。

欅の一枚板の家具に塗装をする場合の注意点

欅の一枚板の家具には、オイルやウレタンを塗装する方もいます。ここでは、欅の一枚板に塗装をする時の注意事項を挙げます。オイル仕上げでは、一枚板の表面をそのまま味わえる仕上がりになります。しかし、オイルでは表面のカバー力が弱いため、ソリや歪みなどがウレタンよりも起きやすくなります。ウレタンは、熱にも水にも強いため、今までのテーブルと扱いは変わりません。よく気になるのが、コップなどを置いた時にできる輪染です。オイル仕上げの場合、輪染はできやすいですが、ウレタン仕上げでは輪染はつきません。ウレタン仕上げでは、テーブルの上で物を引きずったりすると塗装が剥がれてしまうので引きずってはいけません。こういったことから、どちらの塗装も気を付けなければならないことと、一枚板はナチュラルな素材ですので、どちらにしてもメンテナスは必要になります。